石川恋は本名も石川恋!名前の由来がやばい!

石川恋(28歳)は女優やモデルとして活躍するタレント。

2013年12月27日発売の書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(通称『ビリギャル』)の表紙(カバーモデル)に起用され、金髪ギャル姿を披露し一躍ブレイクした。

以降各種テレビドラマや映画、雑誌、バラエティ番組に出演。

今回は石川恋の本名について検証していく。

石川恋は本名も石川恋

出典:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

石川恋は本名も『石川恋』である。

では、その名前にはのような意味があるのだろうか。

 

名前の由来は?→漢字一文字でローマ字で書いた時に「R」で始まる名前から「りん」と「れん」で迷ったが、最終的には見た目と響きで「恋(れん)」に!

出典:https://www.ameba.jp/

『石川恋』の名前の由来については、本人が雑誌のインタビューで答えている。

「親は漢字一文字でローマ字で書いた時に『R』で始まる名前にしたかったらしく、『りん』と『れん』で迷ったみたいですね。それで見た目と響きで『恋(れん)』になったみたいです。」と、意味よりも見た目と響きが優先されたようだ。

「今では『いい恋がいっぱい出来ますようにって』って親は言い張ってますけど、完全に後付けですよ。」と親からは名前の意味を後付けされているよう。

友達からは「こいちゃん」や「れんれん」と呼ばれているそう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ren Ishikawa/石川恋(@ren_ishikawa)がシェアした投稿

また、『恋』という文字からはすぐに『異性に想いを寄せる乙女』や『他人を思いやる情愛』『ロマンチック』なイメージを想起するのではないだろうか。

『恋』と言う字は女の子らしさを前面に表現できる漢字で、字面も曲線が多く『やわらかい』印象がある。

『心』という字が入っているのでどこか『人の暖かみ』を感じる事も出来そう。

これらのイメージを活かして名前に願いを込めるなら、『色々な人を愛し、愛される魅力的な存在になって欲しい』『一途でまっすぐな子になって欲しい』『愛を与えられる人になって欲しい』などが考えられそうだ。

石川恋の両親も、そんな思いを名前に込めたのかもしれない。

 

石川恋を姓名判断で占ってみた結果→実行力で初志貫徹する人

出典:https://oggi.jp/

『石川恋』を姓名判断で占ってみた結果が以下の通りである。

出典:https://enamae.net/

◎天格(祖運)は8画で『吉』、『勤勉・努力・成功』を表す。

※天格(祖運)とは祖先から受け継いだ苗字で自分の力が及ばない。晩年になるほど影響力を強める。

◎人格(主運)は13画で『大吉』、『円満・名声・人気』を表す、明朗で活力旺盛な人気者タイプ。

感性豊かでバイタリティに溢れ、頭脳明晰で波に乗れば名声を得る可能性も。状況変化を読み取るのは上手いが諦めの早さが失敗に繋がる。目先の利益を追い掛けたり才能を鼻に掛けて周囲の評価を落とさないように注意が必要。

※人格(主運)とは人物の内面を表し、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与える。

◎地格(初運)は10画で『凶』、『多難・大凶』を表す、虚しさに苛まれるタイプ。

寂しがり屋で自分の気持ちを表現するのが得意ではなく、孤独な性質を持っているため恋愛や結婚は波乱含みになる傾向が。興味のある事に対しては徹底的に取り組む所があるため、早期から好きな事を見つければその分野で良い成果を上げられる可能性も。

※地格(初運)とは、一字名でもその人の性格を表す。幼少期の運勢を表し成長過程に強い影響を与える。

恋愛や結婚には注意が必要だな。

◎外格(助運)は15画で『大吉』、『人徳・出世・順調』を表す、安らぎを人に与えるタイプ。

順風満帆の人生。社交上手で広い交際範囲を持ち、やがていい人脈を得る。和を大切にし人間関係はスムーズで、上手に相手を立てるので信用を得る。

※外格(助運)とは、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢を表す。人生は人間関係によって決まる。

◎総格(総運)は18画で『吉』、『信頼性・忍耐・成功』を表す、実行力で初志貫徹するタイプ。

金銭的に困る事なく悠々自適な生活をするなど、晩年運は安泰だが孤独の暗示があるため、社会参加を積極的にした方が良い。他人に厳し過ぎるので周囲に気を配れば大成功する。

※総格(総運)とは、人生を歩むにつれて色濃く出てくると言われ、晩年期に大きく影響を及ぼす。

出典:https://news.livedoor.com/

◎三才配置は『金⇒火⇒水』で『凶』で、トラブルに押し潰されるタイプ。

幸せそうに見える外見とは裏腹に心の中はいつも不安でいっぱいに。家庭、仕事、健康、恋愛などにおいて絶えず問題を抱えている。

このタイプと相性の良い相手は地格の五行が『金・水・木』の人。

※三才配置とは、五格の中の『天格・人格・地格』を『木・火・土・金・水』に当てはめ、それらの配置で吉凶を占う。

芸能人はみんなそんなイメージだな。きらびやかな一瞬を切り取られたり、演じているから、一般人からみたら羨ましがられるが、実際はとてつもなく闇を抱えているケースは多そう。

出典:https://encount.press/

◎名前の響きの第一音がもつイメージと五行診断。

天格が『金』は『スポーツマンタイプ』

人格が『火』は『エネルギッシュで情熱的な人』

地格が『水』は『芸術家肌で、やや浮気性な人』

◎『れ』から始まる名前が持つ音の基本的性質は、頭脳明晰で知識欲があり鋭い洞察力も備わっているタイプ。

事務的処理をする能力に長け、リーダーを補佐する役目で抜群の力を発揮する。心を大らかに他人を受け入れるようにすると運も開けてくる。

◎名前の響きの五行は『火』で、知的な頭脳と豊かな感受性の両面を持ち合わせたタイプ。

華麗なものを追い求め過ぎて生活が派手になり経済的な問題が生ずる可能性もある。明るく大らかで友達もたくさん出来るが、プライドが高く指示される事が嫌い。

※響きの五行は名前の読みの第一音目を五行に当てはめ吉凶を占う。

出典:https://oggi.jp/

以上の診断結果は吉凶混合だが、石川恋は『実行力で初志貫徹する』タイプと言えるだろう。

幼少の頃よりも晩年に掛けて運が上昇していくようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.