宇梶剛士の若い頃の武勇伝はうそ?画像あり。

今回紹介させていただく人は、俳優の宇梶剛士(うかじたかし)さんです。

1962年8月15日生まれ、現在57歳です。

高校時代には暴力事件で逮捕された経験もある宇梶剛士さん。

錦野 旦さんの付き人を18歳の頃していました。

そんな宇梶剛士さんの若い頃についてまとめてみました。

目次

宇梶剛士の若い頃の武勇伝はうそなのかについて!画像あり

宇梶剛士さんといえば、若い頃はヤンチャで元暴走族の総長というのは有名な話です。

その時代に「ブラックエンペラー本部に単身殴り込み」を筆頭に数々の武勇伝を作っていますが、どれも凄すぎて嘘なのか疑ってしまうようなものばかりです。

なので、宇梶剛士さんの若い頃の武勇伝が嘘なのか独自に調べてみました。

 

武勇伝①ブラックエンペラー本部に単身殴り込み→本当

出典:http://www.inkythuatso24h.com/

ブラックエンペラーとは、故・泉輝雄さんという方が作った、1960年代末頃出現した日本最大の暴走族の集団です。宇梶剛士さんは、そのブラックエンペラーに入るとすぐに三多摩地区のヘッドにまでのぼりつめます。

そして、6代目総長の蛯澤賢治さんがいた本部に直々に乗り込んで総長の座を奪いに行きました。

その時には総長にはなれませんでしたが、瞬く間に宇梶剛士さんの名前が関東圏に知れ渡り、蛯澤さんが引退する際、ついに7代目総長に任命されます。

それからの宇梶剛士さんの勢いはとどまるところを知らず、関東圏で“喧嘩最強”とまで言われるようになります。17歳でブラックエンペラーの7代目総長名誉総長に就任した際、集会には2000人に集まったそうです。

この武勇伝はすべて本当の話です。すごいですね!

 

武勇伝②1人対1000人の戦い→本当だが、20人を倒した後に敵が戦意喪失し逃亡!

出典:https://geinoumaruhi.com/

宇梶剛士さん武勇伝エピソードで1人で1000人に戦いを挑んだことがあるようですが、真実はどうなのでしょうか。

当時宇梶剛士さんは、200~300人のメンバーを引き連れて湘南までバイクを走らせていました。その時に、地元の暴走族が集会をしていたようで、その人数はなんと1000人。

かなり大人数いたので、引き連れていた仲間たちは宇梶剛士さんを置いて皆逃げてしまいました。

ここからが宇梶剛士さんのすごいところなのですが、なんとその1000人の暴走族を相手にたった一人で突っ込んでいきました。

先頭にいた20人をあっという間に倒した宇梶剛士さんを見て、他の人は皆その強さに戦意を失ってて逃げ出してしまったそう。

普通ではありえないエピソードですが、こちらも本当の話です。

 

武勇伝③日本刀で斬られる→本当

出典:http://xn--u9j001jhxfs7vtln6nc40p.com/

宇梶剛士さんの武勇伝日本刀で斬られる?という噂がありますがどうなのでしょう。

真実なら怖すぎますよね。

宇梶剛士さんは、敵対していたグループのヘッドから、休戦協定を持ちかけられていました。仲間を連れてそのヘッドとの話し合いの場に行ったら、その場で敵の一人から思わぬ襲撃を受けてしまいます。なんと日本刀で背中を切り付けられてしまったのです。その攻撃を皮切りに、他の敵もどんどん宇梶剛士さんを攻撃しました。

宇梶剛士さんは、大量に出血し、大怪我をおってしまい病院に運び込まれてしまいます。

出典:http://xn--u9j001jhxfs7vtln6nc40p.com/

この敵の卑怯な襲撃に、宇梶剛士さんは激怒し、体が回復したら復讐をすると決意します。しかし、確実に死人が出てしまうと危惧した元総長や元部長らの懸命の説得により、敵のグループに詫びとケジメを取らせることで事なきを得ました。

日本刀で背中を切られそんな宇梶剛士さんをさらに複数の人数から襲われて重症を負って病院に運ばれる人ってなかなかいません。

元総長や支部長が止めなかったらどんなことになっているか想像すると怖いですね。

止められていなかったら現在の宇梶剛士さんはいなかったかもしれないですよね。

この武勇伝説も凄いですが本当でした。

 

武勇伝④ヤクザにスカウトされる→本当だが、ヤクザにはならず

出典:https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

宇梶剛士さんの武勇伝では、ヤクザにスカウトされたというのがあるようですが、どうなのでしょうね。

ヤクザにスカウトされるほどケンカが強かったからなのでしょうか。

どうやら、宇梶剛士さんは暴力を一番嫌っていたみたいです。というのも、喧嘩自体決して好きでやっていたわけではなく、むしろ憎んでいたそうです。

宇梶剛士さんは喧嘩は強いけど、暴力組織のヤクザの事は一番嫌っていたようですね。

ヤクザになっていなくて良かったです。

 

武勇伝⑤教習所で送迎要員を調達→本当

出典:https://www.hachi8.me/

教習所で送迎要員を調達と何って気になりますね。

事の真相はこうです。宇梶剛士さんが、自動車の教習所に通っていた時の事。単車で帰ろうとしたとき、宇梶剛士さんは数人のヤンキーにからまれてしまいます。その際、宇梶剛士さんは、全員を一瞬で倒しついでにそのヤンキーのヘッドのところまで案内させ、その人もボコボコにします。

そして、そのグループ全員のバイクを没収し、その後ヤンキー達に連日教習所まで送迎させました。

宇梶剛士さんの事を知らなかったとはいえ、からんでしまったの失敗ですね。

そのヤンキーたちに送迎させる宇梶剛士さんの武勇伝エピソードも凄いですね。

 

武勇伝⑥小6で23人をタイマンで撃破!→本当

出典:https://eiga.com/

宇梶剛士さんは、子供のころから喧嘩が強く、小学生の時から上級生によく目を付けられていたみたいです。

あるとき中学生23人が宇梶剛士さんに喧嘩を売って、宇梶剛士さんが全員を一人で返り討ちにしました。

中学1年生の時すでに身長は180㎝もあったみたいです。すごいですね!

 

宇梶剛士の武勇伝は本当でも、ブラックエンペラーの総長は嘘!あくまで三多摩・国立エンペラーのアタマとの噂

調査の結果、宇梶剛士さんの武勇伝は本当ということが分かりました。

ただブラックエンペラーの総長ではないようです。

掲示板の情報によると、宇梶剛士さんは三多摩・国立エンペラーのアタマで都内はSM川君とか南台のT中S一君が会長と言われております。

そもそも、当時の都内のエンペラーでは総長という言葉も無かったそうです。

では、なぜ宇梶剛士さんがブラックエンペラーの総長と言われているのでしょうか。

そこにはこんな理由がありました。

宇梶剛士さんがメディアで総長ということでプロモーションをかけているために、エンペラーの歴代総長さん達が同じ仲間として助けていこう言うことになったと言うわけです。

仲間たちが粋な計らいをしたというわけですね。

 

宇梶剛士の喧嘩の流儀は「喧嘩は勝った者損」

出典:https://www.oricon.co.jp/

宇梶剛士さんには喧嘩の流儀がありました。

小学校時代にすでに「喧嘩は勝った者損」を知っており、喧嘩は絶対に売らなかったそうです。

正々堂々と挑んでくる相手には手加減をしてあげ、卑怯な相手は完膚なきまで叩き伏せるなど喧嘩の流儀を持ってたと言われています。

喧嘩が終わると相手をその場に正座させて説教をして更生させていたほど、暴力は嫌っていたそうです。

正々堂々と向かってくる相手には手加減してあげていたようですが、卑怯な人がやはり嫌いだったようですね。

 

宇梶剛士の若い頃を知る人の声→普段優しいが卑怯な奴にキレた時は死ぬほど怖い

宇梶剛士さんが、めっぽう喧嘩に強いというのは一般人やタレントの人たちも知っている事実なのですが、ブラックエンペラー時代の宇梶剛士さんを知っている元暴走族の男性はこう語っています。

宇梶さんは普段優しいが卑怯な奴にキレた時は死ぬほど怖い」みたいです。

宇梶剛士さんは卑怯な事や卑怯な人は許せないんですね。

出典:https://the-rankers.com/

宇梶剛士さん自身、自分が十分喧嘩に強いことが分かっていたため、極力暴力を避けて話し合いで解決できるよう努めていたそうです。それほど強かったんですね。

男の中の男って感じがします。

 

ヒロミやパパイヤスズキもビビる!

宇梶剛士さんの事をタレントのヒロミさんやパパイヤ鈴木さんが次のように語っていました。

出典:http://buzz-buzz.online/

タレントのヒロミさんは、若い頃、八王子スペクターという暴走族に入っていましたが、当時すでに宇梶剛士さんの噂は耳に入っていたようで、宇梶剛士さんのことを「僕らがガキだった頃、とんでもなく有名だった人」と発言しています。

ヒロミさんが子供だった時でも有名だったんですね。

子供の間でも有名ってどれだけ有名なのかわかりますね。

出典:https://www.ameba.jp/

次はパパイヤ鈴木さんの2015年3月12日に放送されたフジテレビ系「ごきげんよう」で、宇梶剛士さんと共演した時のことです。

パパイヤ鈴木さんは、当時の宇梶剛士さんのことについて語っています。実は、パパイヤ鈴木さんは高校時代、宇梶剛士さんの後輩でした。高校生だったパパイヤ鈴木さんは、当然宇梶剛士さんの強さっぷりを知っていて、また有名人だったので、その恐ろしさから目を合わせることすらできなかったそう。

ただ、パパイヤ鈴木さんも高校生の頃目立った存在だったようで、宇梶剛士さんからはよく「ひろし」と呼ばれる間柄だったみたいです。

宇梶剛士さんから呼ばれるとかしこまって目を合わせないようにおじぎをしていたみたいですね。

テレビの画面でも、いまだに宇梶剛士さんを恐れたような態度は、ネットでも話題になりました。

 

やっぱり伝説は伊達じゃない!若い頃だけでなく今も宇梶剛士は怖い!

動画では高畑裕太さんが、宇梶剛士さんのちょっと怖い話を暴露しています。

まずその話をしょうとした時に「余計なこと言うなよ」と宇梶剛士さんは発言し、番組が騒然としました。

私もこの発言を聞いたら、ぶるっとしました。

その後、高畑裕太さんが話を続けます。

初めてのドラマが宇梶剛士さんと一緒でドラマの前室で共演者といたところ、高畑裕太さんはチョコレートの袋を発見します。

誰のか分からなかったのですが、高畑裕太さんはお腹が空いていたこともあり食べてしまいます。

勘の良い方ならお気づきかと思いますが、チョコレートは宇梶剛士さんのものでした。

後から宇梶剛士さんが来て、「おいみんな、俺の楽しみにしていたチョコレートの袋がなくなっているんだけど、知らない?」と発言しました。

これを聞きさすがにやばいと思い、宇梶剛士さんに謝ります。

すると、「今ならいいけどさ、昔の俺なら東京湾沈めてたよ」と発言します。

このセリフを宇梶剛士さんが言うと、本当に冗談に聞こえないですよね・・・。

その腕っ節の強さでその名をとどろかせていた宇梶剛士さんですが、現在は結婚もされていて二人のお子さんもいらっしゃいます。

シリアスな演技からコミカルな演技まで幅広い顔を見せてくれる役者さんですよね。これからの活躍にも目が離せません!

 

宇梶剛士はなぜ若い頃に暴走族になったのか?→野球部の先輩からのシゴキが発端

宇梶剛士さんがどうして暴走族になったんでしょうか。

実は宇梶剛士さんは、高校時代プロの球団がスカウト見学に来るほどの野球選手として活躍していました。

出典:https://news.merumo.ne.jp/

元々、メジャーリーガーを目指して渡米する予定だったそうですが、父親が左遷をされてその道をあきらめざるを得なかったと言われています。

しかたなく拓殖大学第一高等学校に進学して野球部に入ったのですが、そこで待ち受けていたのは先輩部員により過度なシゴキでした。

そのシゴキに対して同級生部員と一緒に学校側へと抗議をしたんですが、それによって先輩から干されるようになってしまいます。

出典:https://www.nikkansports.com/

そのことが原因で1年間も野球が出来ず、ついに怒りが頂点へと達してしまい、先輩への暴力行為で傷害事件を起こしてしまいます。この事件が元で拓殖大学第一高等学校野球部は1年間の試合出場停止処分を受け、宇梶剛士さんは少年鑑別所に入所させられます。

卑怯な事が嫌いな宇梶剛士さんだったので爆発してしまったんですね。

先輩と喧嘩しただけでは少年鑑別所には入所させられないとは思うので周りが止めたとしても止められないほどに…ぼこぼこに先輩たちの事をしてしまったんでしょうね。

暴力のきっかけは高校に行って野球部の先輩たちの卑怯な事から始まったと言えるのかもしれませんね。

出典:https://twitter.com/?lang=bn

自分は間違っていないのに、なぜ自分は少年鑑別所に入れられなければいけないのかと思ったのかもしれません。

鑑別所を出た後は、違う高校へ編入し、再び野球の世界に戻ってきます。しかし、そこでもトラブルを起こしてしまい、ついに野球を断念してしまいます。その後高校を中退。

宇梶剛士さんの叔父さんの元で仕事の手伝いをしていましたが、そのうち嫌気がさしてしまい、そのタイミングで東京家庭裁判所からの呼び出しで東京に戻る事になりました。

叔父さんのところから東京に戻ってイライラしている時にブラックエンペラーに入るきっかけになったようです。

出典:https://www.pinterest.jp/

行き場のない気持ちをぶつけるのには、不良になるしかその時はなかったのかもしれないですね。

 

暴走族から更正〜俳優デビューについて

宇梶剛士さんが18歳の時、暴走族同士の抗争がもとで入った少年院で、いつしかまともに会話もしなくなっていた母親から分厚い本を渡されます。それが「チャップリン自伝」でした。

どんな意図で差し出されたのか分からず戸惑ったそうですが、当時は社会から隔離された院内で情報に飢えていので思わず手に取ったそうです。

読み進めると、英俳優のチャプリンは、幼い頃から貧しい生活を余儀なくされながらも、逆境にめげず修業を重ねた努力の人だと分かりました。

不遇な少年時代は自身と重なりましたが、チャプリンが根気強く努力し続けたのに対し、自身は「社会や大人に背を向けた」点で決定的に違っていたことに気付きました。

本の終盤にさしかかった頃には、喜劇王として花を咲かせていくチャプリンの軌跡に耳がじんじんするほど熱くなり、感動で涙があふれ出ていたそうです。

自分を恥じ、初めて心から「これじゃいけない。自分は間違っている」と思え、「俺も俳優になろう」。鉄格子の中で、決意したと語っています。

 

18歳で菅原文太に弟子入り

 

この投稿をInstagramで見る

 

︎︎︎︎ . 今回は渡っちゃう。 . #トラック野郎 #望郷一番星 #菅原文太 #古い吊り橋 #生魚40t積んでます #現実ではありえない

堀 拓也さん(@_horiiiichan)がシェアした投稿 –

18歳の時に菅原文太さんの“弟子”となっています。

その経緯が驚きです。

少年院を出た後、俳優を目指し歌手の錦野旦さんの所属事務所で手伝いをしていた宇梶剛士さんは、台本を取りに行った場所で鶴田浩二さんと共に打ち合わせをしていた菅原文太さんと出会いました。

一目見て宇梶剛士さんを気に入った菅原文太さんは、その場で錦野旦さんの事務所に電話し「おたくのところのでかいの、もらっていいかもらっていいか?」と面倒を見ることを決めたそうです。

菅原文太さんが逝去前まで「オヤジ」と呼んで慕っていて逝去後にはマスコミに菅原文太さんへの追悼コメントを語っています。

 

美輪明宏に見い出されて初舞台!

 

この投稿をInstagramで見る

 

一生の宝。 @cunningtakeyama_official: 📚 『福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねえかよ! -福島に20回楽しい社会科見学に行った結果、わかったコト-』 是非是非チェックしてください‼️ . 写真は女性自身にて美輪さんの連載にお邪魔いたしました!なんか俺救われました😆 本につきましては、 全国の書店、Amazonでも販売しておりますので、 書店にどうしても直接行けない。 という方はこちらからお願い致します🤲 ↓ ≪Amazonにて絶賛発売中‼≫ amazon.jp/458413894X/dp/… (@cunningtakeyama_officialから簡単に飛べます‼︎) #カンニング竹山 #サンミュージック #KKベストセラーズ #古川さん #橋本さん #河田さん #感謝感謝感謝 #福島 #いわき #ゼリーのイエ #伊達屋 #ラーメン #婦人公論 #ノンストップ #フジテレビ #といえば今夜は #脱力タイムズ #アリタ哲平 #岡山天音 #見て欲しいです #美輪明宏 #女性自身

カンニング竹山さん(@cunningtakeyama)がシェアした投稿 –

美輪明宏さんに見い出され、『青森県のせむし男』(寺山修司作)にて初舞台を踏みます。美輪明宏さんとの出会いも衝撃的です。

放送局のベンチに座っていたら、純白のドレスを着た美輪明宏さんが近寄ってきて、宇梶剛士さんにこう言いました。

「まぶしい? それはあなたが暗い道を歩いてきたからよ」

その言葉を聞き、楽になったと語っています。

また若い頃は大晦日に仲間何人か一緒に美輪明宏さんのお宅に行って、勝手にお酒飲んだりおせち食べたりしながら、一緒に「紅白」を見たりするほど親交があったようです。

贅沢な経験ですよね。

 

渡辺えりの劇団3○○で舞台経験をつむ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

しのぶさんに会いに大阪松竹座に行ってきました。 見るものを圧倒する三婆。 パワフルで笑いっぱなしの3時間でした。 佐藤B作さんもお会いできなかった西尾さんも素晴らしかった。 商業演劇はあまり観る機会がなかったのですが、ドラマが展開したり新しい情報が浮上する度にご年配のお客様が敏感に反応される。 ボソボソつぶやき出したり、ゲラゲラ笑い出したり、まるでテレビを見てるかのような自由空間。ピーターパンを観た時も客席にいる子供たちの「あそこだ!うしろ!来たぞ!」などの掛け声がそうだったように、今回もご年配の反応の良さが演出の1つかのように心地よく、それに引っ張られるように僕も楽しい時間を過ごすことが出来ました。 公演後楽屋にお邪魔させていただき、この御三方とお話をさせていただきました。お菓子やお茶までご馳走になりました(^^)なんて貴重なお時間とレアなお写真! ありがとうございました。 リフレッシュ&充電完了! #三婆 #大竹しのぶ #渡辺えり #キムラ緑子 #大阪松竹座

伊礼彼方さん(@irei_kanata)がシェアした投稿 –

美輪明宏さんの紹介で渡辺えり子さんの劇団3○○に入り、演技経験を積んでいきました。

「不良は立つときも座る時も必ず斜め。心の隙間を見られることを恐れているから、そうやって意気がるんだよ。それが染みついていたから、えりさんにたたきのめされた」

叱られてばかりでも、尊敬する渡辺さんの教えだから受け入れられた。「俳優になりたい」という気持ちは強かったし、渡辺さんが自分の「蜘蛛(くも)の糸」だと思っていたから必死だった。

引用: https://entertainment-topics.jp/

宇梶剛士さんが当時の様子を語った内容です。厳しい中にも互いの信頼関係が見えるエピソードですね。

 

「ひとつ屋根の下2」を契機に多数のテレビドラマや映画で活躍

出典: http://blog.livedoor.jp/

1997年4月『ひとつ屋根の下2』にて前園俊雄役で出演。ハゲをカツラで隠しており、”ピカリン”というニックネームがつけられてしまう、コミカルな役を演じていました。

これが契機となりブレイク、以降多数のテレビドラマ、映画に出演しています。

 

宇梶剛士は若い頃は非常にウブな性格で女性は苦手

出典:https://www.oricon.co.jp/

数々の最恐伝説を持つ宇梶剛士さんですが、実は当時、女性が苦手だったみたいです。女性が自分のそばに来るだけで、こわばってしまうそう。なので、硬派なフリをしていたみたいです。なんだかかわいらしいエピソードですね。

女性が近づくと強ばってしまう宇梶剛士さんってみたかったと思われる人もいるかもしれませんね。

そんな宇梶剛士さんなので人気もあるんでしょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.